カテゴリー
Uncategorized

EMS事業

ミタチ産業のEMS事業

(Electronics Manufacturing Service)
 電子機器受託製造サービス

ミタチ産業は国内、海外を問わず基板アッセンブリー、
完成品組立てまで総合的なサービスを行っております。

1. 連携工場 100社以上! 
2. 豊富な経験
3. 国内外生産可能
4. コストの優位性
5. 優秀な提案力 – 部品、工場設備、新規製品
6. 一本化可能な調達力
7. 高い品質

1. 連携工場100社以上!

多数のEMS企業から、お客様に合った製造先をご提案

ー ミタチ産業のEMSは、通常のEMS工場とは違い、商社ならではのネットワーク・国内外の拠点ネットワークを使い、お客様及び製品に見合った製造先を選定いたします。

ー 大量・少量、長期・短期生産に対応が可能です。

ー セル・ライン・半セル等がご用命に合わせて生産可能です。

ミタチ産業拠点一覧

国内拠点

本社【管理・営業】(名古屋)、三河支店(岡崎)
東京支店、浜松支店、MEテック(東京)
フロア工業(岡崎)、物流センター(豊川、一宮)

海外拠点

香港、上海、深圳、台湾、タイ、
インドネシア、フィリピン、マレーシア、
※フィリピンは自社工場

2. 豊富な経験

様々な領域で実績があり、培ったノウハウを活かし、
顧客のニーズに合わせ、最適な生産体制を構築

・アンテナモジュール電装系基板実装
・ナビゲーション基板実装

・基板実装
・CTRパネル組立
・役物組立

・産業機械:制御盤組立
・基板ASSY
・ハーネスASSY

・無線モジュール

・事務機

・ATM用基板組立
・みまもり機器

・セントラルモニター

3. 国内外生産可能

提携工場のみならず、自社にも国内外工場を持っています。

M.A.TECHNOLOGY,INC.
(フィリピン現地法人)

 従業員数  808名(2021年5月末)※派遣含む
 工場敷地面積
 延床面積
 約14,000㎡
 約12,000㎡
 認証規格  ISO9001(2015年度版)
 ISO14001 (2015年度版)
 生産品目  OA機器向け基板実装
  アミューズ、ATM向け基板実装・組立
 設備  半田槽ライン  4ライン(Pb Free)
 SMDライン  6(+1)ライン (Pb Free)
 メリット

 ・労働コスト
  ⇒日本の約6分の1
       寮費、食費、交通費の会社負担なし

 ・労働の質
  ⇒手先が器用で仕事は真面目
   ※多能工向

 ・コミュニケーション
  ⇒英語が現場レベルで使える。

 ・現地調達対応
  ⇒生基板、板金、成型品、軸物等
   日系企業も多数進出

 ・立地
  ⇒アジアの中心に位置

 

フロア工業株式会社
(FLOOR INDUSTRY CORPORATION)

 従業員数  40名(2021年5月末)
 ※パート、派遣含む
 設立年月日  1986年4月1日
 資本金  4,000万円
 品質第一

 ISO9001

 取り組み活動
 ・一覧できる作業環境
 ・QC表彰制度
 ・日々作業配置記録 等

 強み

 ・車載部品を手掛けている
 ・協力企業とのコラボで
  金型~成型~組付けまで対応可能
 ・35年培った製造及び品質の経験と実績

 

4. コストの優位性

ー 部品商社の強みを生かし、無駄な管理費を排除

ー 多くの部品をメーカーから直接仕入れ

ー 国内の部品のみではなく、海外からも部品調達が可能

 

5. 優秀な提案力 部品、工場設備、新規製品

ミタチ産業グループはエレクトロニクスの総合商社であり、
創業開始からEMSに携わり半世紀のノウハウがございます。

また、グローバルに知識豊富な人材が多数おりますので、
品質・価格・納期等、お客様のニーズに合わせた最適なご提案を致します。

 

6. 一本化可能な調達力

電子部品以外の成型品、金属加工品などの調達も可能

お客様の複数管理工数の低減及び発注先の一本化ができます。

・電子部品以外の提携先とも連携

・社内に各分野の専門家が在籍

・ご希望に沿って国内外調達可能

7. 高い品質

車載品質保証の経験を活かし、協力会社を選定
品質の維持向上を推進しております。

企業活動がコスト競争力維持向上、消費地での生産、災害リスク対応などでグローバル化する中、部品やユニットの調達先、その品質環境も変化していきます。
ミタチ産業は、お客様の様々な要求に十分にお応えする手段として、製造工場の選定及び、自社工場・協力工場を問わず、品質の維持・工場に重点を置いて活動しています。

■協力会社選定基準

新規協力会社は、チェックシートを用いて定量的に評価しリスクを明確化すると共に、基準点を満たした協力会社を選定しています。

■新機種評価(立ち上げ)

自社工場・協力会社にて新機種立ち上げ時には、標準作業の完成度、評価及び試作・量産品質確認計画・結果を基に評価/改善を実施しています。

■品質マネジメントの領域

■品質立ち上げイベント管理